白樺リゾート観光協会

写真で振り返る白樺リゾートヒストリー

今から80年ほど前、この地域にはホテルやアミューズメント施設はまだ一軒もありませんでした。それどころか白樺湖すらなくて、この辺りはいちめんに湿原が広がり、高原の樹木がうっそうと茂る荒野だったのです。今では国内屈指の観光スポットである白樺湖・女神湖を中心とした白樺高原は、どのように誕生したのでしょうか。貴重な写真資料とともに振り返ります。

池の平ホテルと観光史

終戦後の混乱期、高原野菜や牧畜を目的とした大門峠池の平の開拓が始まりました

白樺湖開拓者(1950年)

蓼科大池と呼ばれていた頃の白樺湖。立ち枯れした湖面の白樺が印象的です(1947年)

観光客でにぎわう蓼科牧場(1972年)

一世を風靡した白樺湖スケートセンター(1973年)

白樺高原国際スキー場(1976年)

写真で比べる白樺リゾートの今昔

撮影会で撮られた作品(1957年)と、同じ場所から(2015年)。対岸に建物ができているほかは、白樺湖の穏やかな湖面に変化はほとんどありません。時を経ても変わらない自然が、白樺湖の大きな魅力です。

蓼科山をバックにした白樺湖。今も昔も乗馬は人気のアトラクションです。現在の湖面には遊覧ボートがたくさん浮かんでいますが、池の平ホテルの創業者・矢島三人が貸しボートを始めたのは1950年。当時から盛況だったといいます。

当初は何もなかった湖畔は、今では湖面が手前まで広くなり、レイクサイドガーデンに生まれ変わりました。湖畔沿いに設けられた遊歩道は、湖をわたるさわやかな風と、四季の移ろいが楽しめる散策コースとして人気を集めています。

白樺湖周辺に最初となるスキー場「東白樺湖スキー場」ができたのは1964年。現在は池の平スノーパークに名を変え、ファミリーをはじめとする多くのスキーヤーでにぎわいます。

1966年に温水ため池として造成された女神湖。夏の風物詩である貸しボートが始まった1967年と、現在の女神湖の様子。

白樺湖開拓記念館

白樺湖開拓60年余の道のりを示す貴重な写真資料等を展示する歴史館です。人跡未踏の不毛の地を親子三代遊べるリゾート地として開拓した半世紀にわたる足跡と、観光立県長野でも有数の観光地となった白樺湖。その開拓の歴史をひも解きます。2015年、池の平ホテル&リゾーツ創業60周年を記念して誕生した記念館です。

住所 長野県北佐久郡立科町芦田八ヶ野1526
(世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館の後方)
営業 年中無休
時間 9:00〜17:00
料金 無料