白樺リゾート観光協会

動物たちの住む牧場から

雄大な山々を背景に、のんびりと草を食む動物たち。乳牛や馬だけでなく、ヤギ、アルパカ、羊、ロバ、子豚、などなど。白樺湖周辺の牧場には、今や驚くほどたくさんの動物たちが、高原の自然とともに暮らしています。彼らと同じ目線で自然に触れたあとは、みずみずしい乳製品がのどを潤してくれます。

開拓者が夢みた牧場のある暮らし

開拓者が夢みた牧場のある暮らし

日本で最初に西洋式の牧場がつくられたのは、「富国強兵・殖産興業」が唱えられた明治10年代といわれています。白樺高原の近く、のちに美ヶ原牧場となる場所で、初めて乳牛が放牧されたのは明治42年のこと。美ヶ原牧場を創設した小岩井品三郎氏によって、松本市内の乳牛を放牧したのが始まりといわれています。時を経て、昭和10年から30年の間に、美ヶ原高原をはじめ周辺の清里高原、野辺山高原、白樺高原、蓼科高原でも土地が切り拓かれ、広大な自然の中に点在する牧場が、この地域ならではの風景として定着するようになりました。当時、白樺湖のすぐそばにも「池の平牧場」があり、都会から自然体験に来た子どもたちが馬や牛と親しむ姿が見られたといいます。未開の地から湖をつくり、農地や牧場を拓き、観光地を築いた当時の人々が夢見ていたのは、人と自然が調和する、素朴ながら豊かな暮らしだったのかもしれません。

白樺湖から車で25分 蓼科ふれあい牧場

冬期は白樺高原国際スキー場として親しまれる蓼科ふれあい牧場。グリーンシーズンにはアルパカをはじめ、羊、ポニー、ロバ、ミニブタ、ウサギなど可愛らしい動物たちがのびのびと過ごし、子どもから大人まで自由に動物と触れ合うことができます。また、蓼科ふれあい牧場と御泉水自然公園を結ぶゴンドラリフトは、白樺高原のシンボルのひとつ。白樺高原一帯はもちろん、北アルプスを一望でき、周囲の自然の豊かさを満喫できます。

蓼科ふれあい牧場のもうひとつの楽しみ 車で5分の第二牧場へ

蓼科ふれあい牧場から車で約5分の場所にある蓼科第二牧場では、広大な草原を駆ける馬や牛を眺めることができます。隣接する「朝日の丘公園」には白樺に囲まれた散歩道があり、隣接店では新鮮なミルクを使ったソフトクリームも。

蓼科ふれあい牧場

住所 立科町芦田八ヶ野745
Google Mapsで見る
電話 0267-55-6201(白樺高原総合観光センター)
期間 4月下旬〜10月下旬
営業 9:00〜16:30
休み 期間中無休

蓼科第二牧場

住所 立科町芦田八ヶ野41-1
Google Mapsで見る
電話 0267-55-6201(白樺高原総合観光センター)
期間 6月〜10月
営業 見学自由
休み 期間中無休

白樺湖から車で20分 長門牧場

標高1400mの白樺高原に広がる草原で、乳牛約200頭が放牧されています。総面積は211ヘクタール、東京ドーム45個分にものぼる敷地のなかで、のんびりとくつろぐ牛や羊たちの姿は訪れた人の心を和ませます。牧場では、蓼科山麓に湧く上質な地下水を飲んで育った牛の生乳を使い、チーズ、アイス、ヨーグルトなどの乳製品を製造。ショップで直接販売しています。そのほか、バター・アイスクリーム・チーズ作り体験や、乗馬、引き馬体験を楽しむことができます。

長門牧場のもうひとつの楽しみ 安全でおいしい乳製品

生育に向いた冷涼な気候の下、長門牧場の牛たちはつながれることなく、十分に運動し健康に育ちます。絞り立てのみずみずしい生乳を使った「長門牧場アイスクリーム」「長門牧場ナチュラルチーズ」「長門牧場ヨーグルト」は県外の方にも人気です。

住所 小県郡長和町大門3539-2
Google Mapsで見る
電話 0267-55-6969
営業 牧場9:00〜17:30
レストラン10:00〜16:30(16:00LO)
休み 牧場無休、レストランは10月31日まで無休
(11月より火・水曜休み)
リンク http://www.nagatofarm.com/

白樺湖から車で15分 鷹山ファミリー牧場

「手づくり」「自然」「農業」「酪農」「環境学習」の5つのテーマに沿った体験プランが充実している牧場。動物たちと触れ合うなら、ヤギさんぽ、乳搾り、乗馬、ポニー乗馬などの体験が。ほかにも、魚のつかみどりやトラクター乗車など、鷹山ファミリー牧場ならではの体験がそろっています。広々とした牧場で自然を満喫したあとは、レストランで信州牛、信州ポーク、地鶏を使った料理を堪能できます。

鷹山ファミリー牧場のもうひとつの楽しみ 団体でも参加できる各種体験

鷹山ファミリー牧場では、テーマごとに自由に組み合わせて体験プランをつくれるのが魅力。個人はもちろん、団体の方にも人気です。例えば、「手づくり」の体験を希望する人にはバター作り、乳搾り、ソーセージづくりを体験したあと、それらを昼食のバーベーキューで味わう、という組み合わせが可能。

住所 小県郡長和町大門3582
Google Mapsで見る
電話 0268-69-0550
期間 4月第3土曜〜11月中旬
営業 9:00〜17:00
休み 不定(団体貸し切りの場合休業)
リンク http://www.famiboku.jp/